2018年6月5日火曜日

俳句甲子園と部活動








週刊俳句2014.09.07 俳句甲子園に期待しない 久留島元

石原ユキオ商店 文化部の活動に協力しているおとな(外部講師)からお願いしたいこと

学校から部活動がなくなる?

2018年2月1日木曜日

古典を読め


 

2017年12月29日金曜日

〈わからなさ〉について。


備忘録。




参考。

「わからない」というのは、たぶん櫂未知子さんの評に関してであろうかと思う。
「わからない」といえば、櫂未知子さんの一連の評が話題になっている。
鴇田智哉(昭和44年5月21日生/オルガン)
  交錯がしたいかひやぐらのわたし  『俳句』6
  あめんぼを撥ねたる痕の数多なる  『俳句α』6・7
  ページとも皮膚とも春の乾きたる  々
 わからないが、若いかたがたの一部はじゅうぶんわかっているようだ。真似のできないことだけはわかる。 
関 悦史(昭和44年9月21日生/翻車魚)
  水澄みて鬼哭の如き日暮かな  『豈』59
  国寒く膝から蝶が出て困る   々
  わが時間破裂してゐる桜かな  『俳句』6
 ここに挙げた作品は割合にわかりやすいもの。前書を前提とすることで初めてわかるものや、かたまりで読むことで意図が見えてくるものなど、なかなか手ごわい。懐かしき(ように見える)前衛に回帰しようとする風潮は、氏の登場によって加速されたように思う。 
甲斐のぞみ(昭和48年7月5日生/百鳥)
  一本の川のまはりの冬田かな  『百鳥』5
  拭き上げて卒業式のピアノかな  『百鳥』6
 まことにすこやかである。ただ、ここから半歩、あるいは一歩だけ、謎を加えてみたい気もする。 
田島健一(昭和48年11月28日生/炎環・豆の木・オルガン)
  霧よ着られる霧よきらめく日本刀  『炎環』1
  ついてきた狐と喫茶しているよ  『炎環』4
  みなが霧感じてバドミントン大会  『豆の木』May
 さんざん調べた、読んだ。でもわからない。私には氏の作品を論ずる資格がないようだ。
いずれも『俳句年鑑2018年度版』2018.12.7より。
下線部は引用者による。

このあたりの「謎」「わかりやすい」「わかりにくい」、なんだろう。

「わからない」をマイナスの評価として考えて、また「わからない」ものをありがたがる「若いかたがた」への皮肉として使っているのであれば、それでいてなお、こうして同じように並べるのは評者自身の選句基準への自信喪失ではないか。
「わからない」を「評価できない」という意味で用いているなら、こうしてあげていく必要はなく、せいぜい一句引いて「人気らしいが、わからん!」と突き放すべきであろう。
なぜならここにあがった作者は結局40歳代のごく一部・評者の視野に入った作家をあげているにすぎないのだから、わざわざ名をあげ句をあげて「わからん」というのは、他人の評価に拠って「人気らしいです。私わかんないんですけど」と言っているわけで、誰も櫂未知子にそんな自信なさげな評は望んでないのである。

ということで、むしろ櫂未知子のいう「わからなさ」と、「謎」の境界線については、たぶん櫂さん自身や、その周辺の作家によって、もっと丁寧に掘り下げられていい問題ではないかと思う。

2017年11月25日土曜日

LINE



「LINE」
さわやかに大学爆破予告ファボ
本日の#トレンド #良夜 #月をシェア
既読スルーされたまんまで紅葉狩り
枯葉彼ぴパリピパーティみんな夢
圏外のスマホ暖かなればよし
インスタに映える柚子湯の入り方

2017年10月25日水曜日

第14回鬼貫青春俳句大賞募集【2017年11月15日(水)必着】


芭蕉とほぼ同じ時代を生きた上島鬼貫は10代からさかんに俳句を作り、自由活発な伊丹風の俳句をリードしました。そこで、柿衞文庫では、今日の若い俳人の登竜門となるべく「鬼貫青春俳句大賞」を2004年から募集し、今年で14年目を迎えました。また、昨年から10代のかたを対象にした敢闘賞を新設しました。若い世代の皆さんの意欲的な作品をお待ちしています。
●募集要項●
 ☆応募規定・・・一人俳句30句を一組として応募(新聞、雑誌などに公表されていない作品)
 ☆応募資格・・・1988年生まれから2002年生まれの方
 ☆応募方法
  ・作品はA4用紙1枚にパソコンで縦書きにしてください。
  ・文字の大きさは、12~15ポイント。
  ・最初に題名、作者名、フリガナを書き、1行空けて30句を書く。
   末尾に本名、フリガナ、生年月日、郵便番号、住所、電話番号を書く。
  ・郵送またはFAXで下記まで。
   ※応募作品の訂正・返却には応じません。
   ※応募作品の当文庫への到着については、各自でご確認くださいますようお願いいたします。
  ※応募作品の著作権及びこれから派生する全ての権利は主催者に帰属します。
  ※個人情報は表彰式のご案内および結果通知の送付に使用し、適正に管理いたします。
  また、柿衞文庫の事業のご案内をさせていただくことがございます。
    公益財団法人 柿衞文庫(こうえきざいだんほうじん かきもりぶんこ)
     〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2‐5‐20
     電話/072-782-0244  FAX/072-781-9090

 ☆応募締切・・・2017年11月15日(水)必着

 ☆公開選考会・表彰式・・・2017年12月16日(土)午後2時~午後5時(予定)
   於 柿衞文庫 講座室(兵庫県伊丹市宮ノ前2‐5‐20)
              ※当日はどなたでもご参加いただけます。

  ◎選考委員による公開選考会
    稲畑廣太郎氏(「ホトトギス」主宰)
    山本純子氏(詩人)
    坪内稔典氏(柿衞文庫 也雲軒塾頭)
    岡田 麗(柿衞文庫館長)
    伊丹青年会議所 専務理事         以上5名(予定)

  ◎賞について
  大賞1名〔賞状、副賞(5万円分の旅行券)、記念品、「俳句」誌上に受賞作品を掲載予定〕
  優秀賞若干名〔賞状、副賞(1万円分の旅行券)、記念品〕
  ≪10代のかたを対象にした賞≫
  敢闘賞1名〔賞状、選考委員坪内稔典先生の直筆色紙、記念品〕

主催:公益財団法人 柿衞文庫、也雲軒
共催:伊丹市、伊丹市教育委員会
後援:伊丹青年会議所、角川『俳句』


2017年10月18日水曜日

タイムライン


タイムライン

 秋郊にマジレスしちゃう垢ですか
 FFの外から轡虫します
 ねこじゃらしほどのつながりファボひとつ
 僕@bokuさんは8割少女2割秋
 究極のかまきりbotさんがフォロー
 インスタに映えない精霊火だよね
 野分近づく今日もツイ廃ぼくら
 タイムラインコロッケあふれ台風来
 タイムライン出水見にいくなかれ友
 タイムライン台風一過の青あふれ
 尊いねたかぶるねマジ紅葉だね
 古典系クラスタ発狂破芭蕉
 お気に入り動画永遠長き夜
 秋の風手紙にいいねボタンなし

2017年9月19日火曜日

天の川銀河発電所のこと


「俳句を、よろしくお願いします」

のキャッチフレーズとともに、佐藤文香編『天の川銀河発電所 Born after 1968』(左右社)が刊行された。
サブタイトルにもあるとおり、1968年生まれ以降の作家を集めた、俳句のアンソロジーである。
これに類する若手アンソロジーとしては『新撰21』ほか邑書林の3冊のほか、私も加わった『関西俳句なう』(本阿弥書店)がある。対象としては多くが重複しているが、まったく新しく、本書ではじめて出会った作家もいる。
既刊アンソロジーが少なくないなかで、この本の新しさはなんだろうか。
まえがきを引く。
俳句の世界へようこそ。
今、俳句を読んでみるという選択は、アリだと思います。
(略)そのジャンルについて全然知らなくても、本当に面白いものに出会えば、興奮しませんか。願わくばこの本で、今のあなたにとって最高の一句に出会ってほしい。
そこで本書は、「現代俳句ガイドブック」としました。今、私たち比較的若い俳句作家が面白いと思う作品が、このジャンルのなかでどう面白いか、どう新しいかを、ふだん俳句を書かない人にもわかるように紹介しようと努めたものです。この短さで、これだけの多様性が生まれるのか! と思っていただけるだけでも嬉しいです。
(略)そして、これから追いかけたい作家を見つけてください。
俳句を、よろしくお願いします。
一読、懐かしさに包まれる。
佐藤文香の一連の活動、それこそ10年くらい前から、BU:819なんて名乗っていたころからの主張が、形になったのだ。(昔話でごめん)

ガイドブック、というスタンス。
入門でもないし、鑑賞でもない、ましてこれが俳句の全てだというわけでもない。
ただ、佐藤文香という編者の目を通して、一番「おもしろい」「かっこいい」「かわいい」と思う作家たちを、惜しみない愛情でもって「紹介」している本なのだ。
佐藤文香が、「あなた(読者)」に、自分の好きな作家、読んでほしい作家、を力いっぱいオススメしている、そんな本なのである。
(主語が【私たち若い俳句作家】と複数形なのが若干気に掛かるところではある)

私と佐藤文香の目指す俳句は違うけれど、佐藤文香の活動は、いつも私にとって魅力的であり、刺激的である。
今度の本も、すばらしく魅力的な性格と、ただここちょっと、と言いたいところと、いろいろある。いくつかあげてみよう。

まずいいところ。
  • 熱い
編者・佐藤文香が本書にかける情熱は、前掲の序文でも伝わると思う。
収録作品を「おもしろい」「かっこいい」「かわいい」という独自の3分類にふりわけられた構成とか、公募作家を選んだ選考過程を逐一説明する手際とか、全体にこの本、編者のこだわりが熱い。
  • わかる
「特にいまが旬」な18名は81句、公募を含む36名は39句が収録されており、前者には解説の対談、後者には佐藤による寸評がついている。
俳句を読み慣れていない人はこれを頼りに読み始めることができるし、読み慣れた人にもそれぞれの作家の個性を知る手がかりになる。
巻末につけられた「収録作家分布図」は、収録作家を「軽/重」「ホット/クール」の基準でチャートっぽくふりわけたもので、物故作家の配置とともにおもしろい。
こういうのは厳密性が求められるより、読むときのてがかりとか、俳句仲間と話すときのきっかけくらいになれば上々である。これをサカナに、あれこれ言い合うのは結構楽しい。
  • 若い
平均年齢70代といわれる俳句界のなかで、収録作家の若さは特筆すべきである。
『新撰21』だってかなり若かったが、本書には堀下翔、大塚凱、山岸冬草(1995年生)宮崎莉々香(1996年生)を下限として今泉礼奈(1994年生)、小野あらた(1993年生)と若い作家が目白押し。
今回私自身もまったく知らなかった若い作家に出会い、驚いた。『新撰21』の最年少メンバーだった越智友亮や、これがアンソロジー初参加となる中山奈々、生駒大祐らも、もはや中堅の域である。
  • 復活
個人的な感傷を付け加えるが、『新撰21』収録作家でもあった越智友亮、藤田哲史のふたりが、健在な姿を見せてくれたのは嬉しい。
しばらく俳句から離れた時期もあったふたりだが、幸い短いスパンで帰ってきて、変わらぬ実力を示している。心から寿ぎたい。


こっから、悪いところ。
  • 字が小さい
すでにあちこちで声があがっているが、字がこまかい。
この細かさは、老眼にもつらいだろうが、単純に言ってかなり内容に関心のある人でなければ読みこなそうと思えないだろう。
たくさん句を収録したかったのだ、という気持ちはわかるが、それにしては行間が広い。行間が詰まっていたら、逆に読みやすかったような気もする。
俳句に関心のない層に届けたいという編者の思いがあるだけに、このレイアウトはなんとかならなかったのだろうか。
  • 熱盛
いいところとして編者の熱意をあげたが、いささか熱すぎるところもある。
  • 対談
本書の特徴として、18名の作家については佐藤文香と先輩作家による解説対談(実況)がついており、実況中継風に作品を読み解いている。
「おもしろい」には上田信治氏、「かっこいい」には小川軽舟氏、「かわいい」には山田耕司氏、と、かなり個性的な面々で、これが功罪半ばすると思う。
解説自体は読み物として大変面白いのだが、何しろ3人とも図抜けた批評家ばかりなので、佐藤文香にプラス3人の個性が加わって、いささか情報過多という気になる。
ちなみに、36名の作家に対してつけられた佐藤文香の寸評は、短くまとまっていてとても読みやすかった。それぞれの作家の、いわゆる特徴や長所とは少し違うと感じるところもあったが、佐藤文香自身が見いだしたツボという感じがして、読み応えがある。
「旬」の作家についても作家個々に論じるより、各章まとめて論じるとか、もうすこし薄めたほうがよかったのではないだろうか。

けっきょくぐだぐだと言ってしまったが、相変わらず佐藤文香の仕事は刺激的である。
先日東京で俳句仲間数名に声を掛けて食事をした際、そこに集まった人が全員本書を手にしていた。もちろん何人かは収録作家自身でもあったのだが、何も約束したわけでもないのに申し合わせたように全員が持参していた、ということが、やはり今いちばん俳句仲間とともに「語り合いたい」気分にさせてくれる本だということだ。


さて、そんな佐藤文香の『天の川銀河発電所』の、販促イベントが関西で開催される。
まだ残席があるようだからここで宣伝を手伝っておこう。

佐藤文香×正岡豊

『天の川銀河発電所born after 1968 現代俳句ガイドブック』刊行記念トーク&サイン会

講師/ゲスト 佐藤文香さん 正岡豊さん 
2017年10月07日(土) 18:00~19:30(開場17:30)
会場:梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
参加費:1,500円(税込)
定員:80名
主催 梅田 蔦屋書店
共催・協力 左右社 / 毎日新聞出版「俳句αあるふぁ」
申し込み:蔦屋書店


また翌日は、せっかくの来阪にあわせて関西現代俳句協会青年部で勉強会を企画した。
こちらは若手の歌人・岡野大嗣氏をまねき、短詩型の現在について自由に語り合ってもらう予定である。

「佐藤文香(俳人) × 岡野大嗣(歌人)  フリートーク」

■ 日 時
2017年10月8日 (日) 10:30~12:00  (開場10:00)
■ 会 場
らこんて中崎1階(大阪市北区中崎2丁目3-29)
■ 定 員
20 名(要予約)
■ 会 費
500円
■ 申込・問い合わせ
E-Mail : seinenbu@kangempai.jp
■ 主 催
関西現代俳句協会青年部

午前中の開催ということもあって小さな会場を準備をしたのだが、はやくも申し込みが殺到し、残席僅少となっている。参加を希望される方はおはやめにお申し込みください。