2018年7月15日日曜日

週刊俳句丸ごとプロデュース号


週刊俳句2018.7.15号で、久留島元丸ごとプロデュース号をさせていただきました。

残念ながらなぜか不正に〈横取り〉〈フライング〉掲載されてしまった高田獄舎さんとの対談をはじめ、私個人の関心で依頼した方々の作品でまとめています。

吉田竜宇さんだけが15日時点でcoming soon状態なのは、吉田さんの名誉のために弁護しておくと、久留島からの依頼が遅く、〆切が曖昧だったためで、16日以降にアップされる予定がありますので、お待ちいただければ幸いです。

あわせて、
 7/21(土)14:00~
  関西現代俳句協会青年部勉強会「句集はどこへ行くのか

 7/22(日)13:00~

  梅田蔦屋書店 俳句雑誌『オルガン14号』刊行記念トーク&句会

の宣伝もしております。

順調にお申し込みいただいておりますが、どちらも会場が広めなので残席は余裕があります。
現代俳句協会以外のかたも、俳句知らないよという方も、ふるってご参加ください。
7/22は投句なしの見学のみも可能です



さて、獄舎さんとの対談記事でふれた名物Amazonレビュアーの佐野波布一さんから、早速反応がありました。
名指しで批判をうけておりますので、取り急ぎお答えしておきたいと思います。

私が佐野波布一さんについて言及したのは、彼のサイトにも引用して有るとおり次のとおりです。
佐野波布一という人のAmazonレビューについては、おもしろく読みました。ただ「サブカルは文学ではない」という強固な価値観によってサブカル的感性の俳句を一律否定したうえ、人格に否定まで筆が及ぶことが多く、心穏やかに読みにくいものがありますね。
特に福田若之くんの句を評価する青木亮人さんを研究業績のない寄生虫とまで罵っているのは明らかに「坊主憎けりゃ」の類いです。
人を二分法で敵味方にわけるような低劣な分断主義、排他主義というべきで、島宇宙的ともいえるのではないですか。
これについて佐野波さんは


アニメはサブカルだと僕は思っていますが、サブカルは文学ではないと思っているわけではありません。
僕はサブカルを否定しているのではなく、サブカル的感性で書かれた「特定の」作品の「レベルが低い」と批判したのです。


それから青木亮人が「寄生虫」だと書いたことについてですが、
僕もさすがに言葉が乱暴かもしれないと思ったので、Amazonに掲載した方のレビューではその記述は消去してあるはずです。
また、僕が誰の「人格に否定」をしたというのでしょうか。


意味がわからないのは、
「人を二分法で敵味方にわけるような低劣な分断主義、排他主義」という部分です。
「分断主義、排他主義」という言葉は辞書にもないので僕は存じ上げないのですが、


そもそも、久留島のように特定の立場にコミットした人間は、自分が客観的でフェアな視点を欠落させがちなことに自覚的であるべきです。
僕に文句を言うなら、僕の言論を弾圧するリツイートを垂れ流した「オルガン」のクサレ俳人についてはどうなのでしょう。

などの批判をされています。
順番にお答えします。


これについては私の認識がゆるかったので、やや訂正すべきかと思います。
佐野波さんの膨大な書評すべてを閲する労を怠ったため認識が雑だったことは申し訳ないのですが、「サブカル的発想に富んだ舞城王太郎やたら持ち上げられた。」「サブカル的なファッション俳句」「「ライトノベル(もっと言えば西尾維新)の影響」の一言で終わる福田の散文世界」といった評言から、サブカル的感性・ライトノベルに対する評価の低さを読み取ったうえで、「本質はアートではなく、サブカルでしかないわけですが、教養のない人にはその違いがわからないようなのです。」とあり、
 「アート」>「サブカル」
といった図式を持っていると判断したものです。
もちろん「サブカル的であっても、それだけでは否定しません。」という発言もあるので、

 サブカルに対する低評価からサブカル的感性の俳句に手厳しい

とでもすべきだったでしょうか。



については、何をかいわんや、Amazonでは消したけどブログには載せているのですから、評言として看過しがたいのは言うまでもありません。
青木さんの研究上の業績については、国文学論文目録データベースでも検索していただければ多数ヒットします。
青木さんは私が知っている限りでもトップクラスに筆の速い研究者であり、論文数だけでも抜きんでた存在です。佐野波という人物がどんなに知識人ぶってもまったく研究の実態がわかっていないことは明らかです。
また、40歳未満の新進俳文学研究者に贈られる「柿衞賞」の第17回受賞者であることからも、(佐野波さん個人の素人的判断は措いて)すぐれた研究者であると認められた存在であることは自明です。
ところが当該の文中では「微妙な記述」どころか「寄生虫」という罵倒は5回も登場しており、およそ簡単に人を「寄生虫」呼ばわりする人物が、「否定」と「批判」の区別を人に説いて聞かせるという凄惨な喜劇に頭を抱えたくなります。



え、辞書にないのか、と思ってとりいそぎ『日本国語大辞典』を調べたところ、たしかに分断、排他はあっても排他主義はありませんでした。ただネット上では「実用日本語表現辞典」に掲載がありましたので引いておきます。
排他主義 読み方:はいたしゅぎ
自分と自分の仲間以外のものを容易に受け入れず、むしろ排斥するあり方や態度。他を排斥する主義。
これについては、「四ツ谷龍と関悦史、関悦史と青木亮人は友人であり、若手俳句の一部に目立つ「俳句のサブカル化」に深くコミットした人物」のように、一部の交友関係をとりあげて云々するやり口を上げれば充分でしょう。
恣意的に交流関係をあげ自分の気に入らないたちを特定団体のごとくあげつらう評は、これが俳壇内情にくわしい人物なら楽屋落ちというべきでしょうが「結社の人間」ことを重ねて強調するからにはネットで類推されたのでしょうか。
私は佐野波さんに友だちがいるかどうかは知りえませんが、「僕のレビューに好意的な投票をした人が相当数いる」ことを盾に、事実かどうかわからない(何があったかは、推して知るべし/つまり彼自身は関知していない)「大学から戒められるような千葉の行為」に「寄ってたかってリツイートで言論弾圧行為に加担する」俳人たちを、「クサレ言論弾圧俳人」と呼ぶような行為は、目に余ります。
インターネット上での言論行為において問題視されるのは「悪質性の高い」「中傷」を書き込んだ場合であり、政治的権力も持たない一般人がSNSにおいて拡散した程度で誹謗中傷される謂われはないと思います。


これは②、③で充分例証できると思いますが、小津夜景さんを「おフランスかぶれのセレブおばさん」などと揶揄する言動が、「作品に現れる知性や能力の評価」を越えた人格誹謗に近いと私は思います。

もとより私は自分自身が中立だと思ったことなどありませんが、私こそ佐野波さんとは一面識もなく、佐野波さんの文章からその立ち位置を類推するだけに過ぎません。
しかし「AというならBはどうなんだ!」というのは、論理のすりかえを感じます。
これは私見ですが、レビューという場で俳人の「行為」を糾弾するという態度にもいささか疑念を覚えます。たとえば高浜虚子『五百句』のレビューに、虚子は秋桜子を排除した人物で云々と作家の行動に関わることばかり書かれていたら、私はうんざりします。
また、小津さんの知識において佐野波さんが垂れ流している「「類像性」などという言葉は聞き覚えがないのですが、学術用語なんでしょうか」「「倒装法」をグーグルで検索すると、すぐに久保忠夫の論考が登場して、他の論文は出てきません。」などという印象操作は、前者は「グーグルで検索」すると英文法に関するページが多くヒットしますし、後者は日中辞典や芥川龍之介の文章がヒットすることを申し添えておきます。


俳句に対する評価に関してではなく、このような互いの誹謗中傷の不毛なやりあいは、これきりにしたいと思います。以後、私はこの件について沈黙しますので、ご寛恕願います。
追記.なお、対談記事を読んでいただければわかるとおり、佐野波さんへの言及は対談の本筋とは関わらない部分で、獄舎さんのたってのご希望で掲載したものです。
私自身は純文学から15年遅れ・短歌から30年遅れてサブカル的感性が俳句形式と邂逅したことを新たな展開だと歓迎しており、今後、この可能性が拓かれるのか、それともやはり俳句形式にはなじまないとして終息してしまうのか、わくわくしながら同時代を生きたいと思います。

2018年6月5日火曜日

俳句甲子園と部活動








週刊俳句2014.09.07 俳句甲子園に期待しない 久留島元

石原ユキオ商店 文化部の活動に協力しているおとな(外部講師)からお願いしたいこと

学校から部活動がなくなる?

2018年2月1日木曜日

古典を読め


 

2017年12月29日金曜日

〈わからなさ〉について。


備忘録。




参考。

「わからない」というのは、たぶん櫂未知子さんの評に関してであろうかと思う。
「わからない」といえば、櫂未知子さんの一連の評が話題になっている。
鴇田智哉(昭和44年5月21日生/オルガン)
  交錯がしたいかひやぐらのわたし  『俳句』6
  あめんぼを撥ねたる痕の数多なる  『俳句α』6・7
  ページとも皮膚とも春の乾きたる  々
 わからないが、若いかたがたの一部はじゅうぶんわかっているようだ。真似のできないことだけはわかる。 
関 悦史(昭和44年9月21日生/翻車魚)
  水澄みて鬼哭の如き日暮かな  『豈』59
  国寒く膝から蝶が出て困る   々
  わが時間破裂してゐる桜かな  『俳句』6
 ここに挙げた作品は割合にわかりやすいもの。前書を前提とすることで初めてわかるものや、かたまりで読むことで意図が見えてくるものなど、なかなか手ごわい。懐かしき(ように見える)前衛に回帰しようとする風潮は、氏の登場によって加速されたように思う。 
甲斐のぞみ(昭和48年7月5日生/百鳥)
  一本の川のまはりの冬田かな  『百鳥』5
  拭き上げて卒業式のピアノかな  『百鳥』6
 まことにすこやかである。ただ、ここから半歩、あるいは一歩だけ、謎を加えてみたい気もする。 
田島健一(昭和48年11月28日生/炎環・豆の木・オルガン)
  霧よ着られる霧よきらめく日本刀  『炎環』1
  ついてきた狐と喫茶しているよ  『炎環』4
  みなが霧感じてバドミントン大会  『豆の木』May
 さんざん調べた、読んだ。でもわからない。私には氏の作品を論ずる資格がないようだ。
いずれも『俳句年鑑2018年度版』2018.12.7より。
下線部は引用者による。

このあたりの「謎」「わかりやすい」「わかりにくい」、なんだろう。

「わからない」をマイナスの評価として考えて、また「わからない」ものをありがたがる「若いかたがた」への皮肉として使っているのであれば、それでいてなお、こうして同じように並べるのは評者自身の選句基準への自信喪失ではないか。
「わからない」を「評価できない」という意味で用いているなら、こうしてあげていく必要はなく、せいぜい一句引いて「人気らしいが、わからん!」と突き放すべきであろう。
なぜならここにあがった作者は結局40歳代のごく一部・評者の視野に入った作家をあげているにすぎないのだから、わざわざ名をあげ句をあげて「わからん」というのは、他人の評価に拠って「人気らしいです。私わかんないんですけど」と言っているわけで、誰も櫂未知子にそんな自信なさげな評は望んでないのである。

ということで、むしろ櫂未知子のいう「わからなさ」と、「謎」の境界線については、たぶん櫂さん自身や、その周辺の作家によって、もっと丁寧に掘り下げられていい問題ではないかと思う。

2017年11月25日土曜日

LINE



「LINE」
さわやかに大学爆破予告ファボ
本日の#トレンド #良夜 #月をシェア
既読スルーされたまんまで紅葉狩り
枯葉彼ぴパリピパーティみんな夢
圏外のスマホ暖かなればよし
インスタに映える柚子湯の入り方

2017年10月25日水曜日

第14回鬼貫青春俳句大賞募集【2017年11月15日(水)必着】


芭蕉とほぼ同じ時代を生きた上島鬼貫は10代からさかんに俳句を作り、自由活発な伊丹風の俳句をリードしました。そこで、柿衞文庫では、今日の若い俳人の登竜門となるべく「鬼貫青春俳句大賞」を2004年から募集し、今年で14年目を迎えました。また、昨年から10代のかたを対象にした敢闘賞を新設しました。若い世代の皆さんの意欲的な作品をお待ちしています。
●募集要項●
 ☆応募規定・・・一人俳句30句を一組として応募(新聞、雑誌などに公表されていない作品)
 ☆応募資格・・・1988年生まれから2002年生まれの方
 ☆応募方法
  ・作品はA4用紙1枚にパソコンで縦書きにしてください。
  ・文字の大きさは、12~15ポイント。
  ・最初に題名、作者名、フリガナを書き、1行空けて30句を書く。
   末尾に本名、フリガナ、生年月日、郵便番号、住所、電話番号を書く。
  ・郵送またはFAXで下記まで。
   ※応募作品の訂正・返却には応じません。
   ※応募作品の当文庫への到着については、各自でご確認くださいますようお願いいたします。
  ※応募作品の著作権及びこれから派生する全ての権利は主催者に帰属します。
  ※個人情報は表彰式のご案内および結果通知の送付に使用し、適正に管理いたします。
  また、柿衞文庫の事業のご案内をさせていただくことがございます。
    公益財団法人 柿衞文庫(こうえきざいだんほうじん かきもりぶんこ)
     〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2‐5‐20
     電話/072-782-0244  FAX/072-781-9090

 ☆応募締切・・・2017年11月15日(水)必着

 ☆公開選考会・表彰式・・・2017年12月16日(土)午後2時~午後5時(予定)
   於 柿衞文庫 講座室(兵庫県伊丹市宮ノ前2‐5‐20)
              ※当日はどなたでもご参加いただけます。

  ◎選考委員による公開選考会
    稲畑廣太郎氏(「ホトトギス」主宰)
    山本純子氏(詩人)
    坪内稔典氏(柿衞文庫 也雲軒塾頭)
    岡田 麗(柿衞文庫館長)
    伊丹青年会議所 専務理事         以上5名(予定)

  ◎賞について
  大賞1名〔賞状、副賞(5万円分の旅行券)、記念品、「俳句」誌上に受賞作品を掲載予定〕
  優秀賞若干名〔賞状、副賞(1万円分の旅行券)、記念品〕
  ≪10代のかたを対象にした賞≫
  敢闘賞1名〔賞状、選考委員坪内稔典先生の直筆色紙、記念品〕

主催:公益財団法人 柿衞文庫、也雲軒
共催:伊丹市、伊丹市教育委員会
後援:伊丹青年会議所、角川『俳句』


2017年10月18日水曜日

タイムライン


タイムライン

 秋郊にマジレスしちゃう垢ですか
 FFの外から轡虫します
 ねこじゃらしほどのつながりファボひとつ
 僕@bokuさんは8割少女2割秋
 究極のかまきりbotさんがフォロー
 インスタに映えない精霊火だよね
 野分近づく今日もツイ廃ぼくら
 タイムラインコロッケあふれ台風来
 タイムライン出水見にいくなかれ友
 タイムライン台風一過の青あふれ
 尊いねたかぶるねマジ紅葉だね
 古典系クラスタ発狂破芭蕉
 お気に入り動画永遠長き夜
 秋の風手紙にいいねボタンなし