2011年10月28日金曜日

それにしても。


当blogで9月に本読みHPブログ 俳諧ガールのための雑誌「Haine(ハイネ)」を話題にしたときには、まさかこんなにはやく実現するとは思わなかった。

さとうあやかとボク。 10/25

本誌HPのほうではもう来月号の宣伝に変わってしまったので佐藤文香氏のブログで代用しておく。

※訂正。よく見たら最新号(12月号)ではないですか。SPURのHPで目次が見られます。

まぁさすがに買うのはやめた。が、この手の雑誌にとりあげられる、というのは、やはりちょっと違う風がふいている気がする。


ていうか「しゅぷーる」て読むのか、知らなかった。




感想を書こう書こうと思って、結局10月に入ってからばたばたしすぎていてまったく書けなかった句集評。
もう今さら感もあるので、簡単に。

・山口優夢『残像』(角川学芸出版、2011)
濃縮還元、粒ぞろいである。
総数184句ということで、九年間の句をあつめたものとしては多くない。句集を読むときに私がもっとも期待するのは「バラエティ」なのだが、むしろこの句集ではぎゅっと詰まった感じ、意識して抽出された感じが伝わる。
もっとも典型的なのはすでに世評たかい次のような句か。

  あぢさゐはすべて残像ではないか
  台風や薬缶に頭蓋ほどの闇
  どこも夜水やうかんを切り分ける
『叙情なき世代』(邑書林)という評論集で自らの世代を規定しながら濃厚な叙情性をもち、濃密な肉体感覚とぼんやりした現実世界との懸隔をもてあましつつ、どうにか埋めようと言葉をつむいでいる。
一般的に、山口優夢とはそのような作家であると認識されているようだ。
ところで、上の三句はいずれも第一章「どこも夜」より。第二章「どれもあかるく」は、

  心臓はひかりを知らず雪解川
にはじまり、
  夢でせうはくれんだけの空なんて
  小鳥来る三億年の地層かな
  目の中を目薬まはるさくらかな
など。
彼のスタートともいうべき「小鳥来る」をあえて二章に配したことはもっと注目していいのではないか。
第二章に見られるのは上のようなシニカルかつウェットな気質だけではなく、目にうつる景色を楽天的に受け入れようとするポジティブさである。

  野遊びのつづきのやうに結婚す
  投函のたびにポストへ光入る
巻末二句の向日性、ことに角川俳句賞を受賞した、無季の一句を巻末に据えたところに、次へ展開する山口優夢の軌跡と方向性を見出したい。



・中本真人『庭燎』(ふらんす堂、2011)
中本さんの句については「週刊俳句」や「関西俳句なう」でも取りあげたことがある。
一口でいえば、ドライであけっぴろげなユーモア感覚。身も蓋もないというか、その風景をそう詠んで、それで作者はそれだけでいいの?みたいな。
  それらしき穴のすべてが蟻地獄
  落第の一人の異議もなく決まる
  ばつた跳ねガードレールをかんと打つ
作者の感情がほとんど読み取れない。読み取れないところに読者はひっかかり、思わずツッコミを入れたくなる。そこが面白い。
一方、序文で師・三村純也氏が指摘されているような方向性もまた、中本句の佳さだろうと思う。
  山茶花にあらずと椿落ちにけり
  御旅所にどつかり座り何もせず
  回送のバス涼しげに走り去る
物語が始まりそうで、なにも始まらない感じ。覚めた現実感覚。
決して印象に残るというほどではないにせよ、これらもまた俳句ならではのおかしさを持った句であり、散文では鑑賞しきれないところにその特質があるように思う。
いわば、なぜそれをわざわざ十七音の詩型におさめてみせたのか。その意図や感情が読みとりにくく、ただ定型で示される作品化、加工の手練だけが露出する、その面白さである。




・火箱ひろ『えんまさん』(編集工房ノア、2011)
火箱ひろとは何ものか、と思われた方にお答えしておくと、船団・紫野句会の幹事役である火箱游歩さんと同一人物である。「還暦を過ぎ句集を出す、この機会に、親からもらった名前に回帰し」ということだそうだ。同句集は第三句集。
  どこをどう行っているのだ夏至のバス
  天高くみんなで道を間違える
方向音痴気味の私は、バスに乗ったらもう見慣れた街もどこをどう進んでいるか見当がつかなくなることが多々。京都のバスは特に路線が多くてややこしい。しかし夏の盛りには夏の、秋空には秋の、方向音痴には方向音痴なりの楽しみがある。
  金魚A尾ひれの先にちょいと癖
金魚を見分ける手段など私にはまったくないのだが、「金魚A」という響きだけでいい。私の世代だと「少年A」なのだが、上の世代は「少女A」なのだろうなぁ。
  立て仔牛立つんだ仔牛月皓々
  爽やかや少年の抱く月球儀
  にんげんが消え村が消え月夜
友だち*秋」の章にまとめられた月をめぐる群作。火箱句のよさがよく出ている。
おもに取り合わせで既存の言い回しをもとに作られているが、この方向が教訓めいた説教臭さから離れると実に晴れやかな句になる。
「仔牛」へのエールと「月」の明るさ、「少年」「月」の透明性、「にんげんが消え」ていく物語性。最後の句はちょっと不気味だが、感傷が入り込みすぎないことで俯瞰的に歴史の流れを見るような、淡々と澄んだ心地になる。湿っぽさとは無縁で、しかし物事をきちんと見る公正な愛情深さなのである。
読後感のよさ、これも俳句を読む楽しみのひとつ。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿